ご訪問ありがとうございます!!

2013年10月28日月曜日

登場人物紹介!⑤トボリスクのオーリャ


10月ももう終盤。

今日は寒かったし、パラパラと雨が降っていました。

ちょうど9月中頃、私がチュメニを出る頃は今日みたいな気温でした。

ああ、夏がホントに終わってしまったなあ…

冬が来るんだなあ…

っていうこの感じを今年は2回味わいました。

なんだか変な感じヽ(・∀・)ノ




* * * *

今日のトボリスクのお友達は…オーリャ!19歳。

94年の1月生まれちゃん。



キャンプのインストラクター。

7歳、8歳の小さな子ども達のグループの面倒を見ていました。

これはダンスの前に彼女に浴衣を着せてあげた時の写真!

すっごく喜んでくれました♥



ここはキャンプの舞台裏。衣装室。

着ぐるみやら、ピエロの衣装やら、何でもあります。



彼女は大学で英語を専攻しています。

チュメニ大学の学生と同じくらい、(おしなべて日本の大学生と同じくらい、)

第二言語の英語を理解し 話すことができます。

多少の不自由はあれど、彼女の英語は私をたくさん助けてくれました!

特にキャンプに慣れるまでの最初の頃。



キャンプで英語が話せたのは彼女ともうひとりのインストラクター、

イギリス留学経験のある子どもが一人だけだったので。



言葉が通じるとお互いのことを知るのも速く、

すぐに仲良くなることができます。






噴水の前で、キャンプの子供との写真・∀・

オレンジのはインストラクターTシャツです。

私も記念品としてもらいました。



オーリャは大学での専攻がデザインや音楽、スポーツである他のインストラクターと比較するとちょっとシャイで静か。

ラップやダンスの無茶ぶりに上手く応えられずあたふたする姿には親近感を覚えました(私も最初の方はかなり戸惑ったので。)

だけど彼女はほかの誰より、格段と真面目な人柄。

語学の勉強も真面目にコツコツすることが大事だから、

彼女が英語を専攻に選んだのも頷ける気がします。







オーリャちゃんはキャンプの後も、大学の一環で

小学校で3週間の実習がある、と言っていました。

大学生の教育実習は 頻度や場所に差があるとはいえ、万国共通なのですね。



最後に、ナースチャのいとこが送ってくださった トボリスクの夜の写真。


おやすみなさい★