ご訪問ありがとうございます!!

2014年8月9日土曜日

ノヴォシビルスクに一泊




ノヴォシビルスクには筑波学園都市のモデルにもなった「アカデムガラドク地区」があったり、札幌と姉妹都市であったりと、日本と縁が深い。

ロシアでは3番目
シベリアでは1番大きな町です。
空港にはキャンプの運営をしている夫婦の旦那さんが
車で迎えに来てくれました。


よく晴れたいい日でした。



疲れていたので、夫婦の家で一休み。
夫婦の家の猫のゴーシャ。
 







地下鉄が通っていて、川の上も走ります



ビックマンと呼ばれている建物。
日本車もたくさん走ります。



英語が話せる2人の大学生が町を案内してくれました。

町の中心部の花時計



















雄大なオビ川。2014年7月中旬に雹が降ったのはこのあたりです。










ひっそりと、恋人達の鍵。ここなら定期的に撤去もされなさそう


人の集まる噴水、でも今日は閑散としている。


個人的には好きな写真。
雲と川の横のライン、噴水の縦のライン
どちらも ものやわらか


川辺でおもちゃを売る、the ロシアな光景



最近できたという金色の観覧車






左の青い服の方がキャンプの責任者のナターリアさん。
大学卒業後にこのビジネスを始めたそうです。






軍隊の学校が夏休み中なのでその宿舎に泊めていただきました。






中はこんな感じ。
ノヴォシビルスクとトムスクの子ども達と一緒に泊まりました。
自己紹介をしてギターを弾いて歌ったり、なかなか寝ない子ども達。


翌日4時に起きてバスで12時間だというのに大丈夫なのか…?